So-net無料ブログ作成

伊藤若冲展 [芸術]

ゴールデンウィークを前にした最後の休日、福島県立美術館の伊藤若冲展に行ってきました。
https://jakuchu.org/

本当は一泊ぐらいしたかったのですが、ゴールデンウィークのための荷造りに時間を要し、結局弾丸で日帰りです。

寝坊したのであたふたと市議選に投票してから東北新幹線で福島へ。
つばさもデザインが変わっていますね。普通に窓際にコンセントがあるし、無料Wi-Fiです。
こんな時間帯は人が少ないかと思って自由席にしたら、復路は座れない人がいるくらい混んでいました。

福島駅からは福島交通飯坂線で美術館図書館前まで。
「若冲展ですか?」と駅員さんに声をかけられ、往復の電車代と入場券のセット割引を教えてもらいました。
結構電車も混んでいて、美術館も結構混んでいました。

「象と鯨図屏風」(2月も見ましたね)のように有名な作品もありましたが、水墨画を中心にかなり幅広い作品が展示されており、動植綵絵とは随分とイメージが違います。

動植綵絵のようにとにかく隙間無く書き込んでいる絵だけではなく、普通の日本画らしく?かなり余白を使ったものもあれば、動植綵絵のように細々書き込むのではなく、かなり乱暴というか、雑に書かれた印象がある作品もありました。

特にえっl?と思ったのが「付喪神」で、近くにいた人もこれって違う人の作品でしょ?と言っていたくらい。
https://www.youtube.com/watch?v=jvTpt3TLzmQ

夕方には宅配便を家で受け取らなければならないので、福島滞在時間2時間。
また、新幹線での旅行もしてみたいですね。

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント