So-net無料ブログ作成

河鍋暁斎 その手に描けぬものなし [芸術]

サントリー美術館の「河鍋暁斎 その手に描けぬものなし」をさっと見てきました。

河鍋暁斎は教科書で知ったと言うより、地獄太夫の絵を見てぎょっとしたのが初めてでした。
今回のテーマは、河鍋暁斎は面白い絵を描いただけではなく、狩野派をはじめとした古典を学び続け、技術を磨いた人物だ、ということでした。

サントリー美術館は落ち着いて見られるので好きですが、今回はちょっと混んでいて、体調があまりよろしくないこともあって、少し疲れました。

そのこともあって、確かにすごいし、面白いのですが、画面いっぱいに描かれた絵、この時代らしい赤の多さで疲れました。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント