So-net無料ブログ作成

大塚清吾「シルクロード 飛天の舞いに見せられて」 [読書(教養書・実用書)]


シルクロード―飛天の舞いに魅せられて

シルクロード―飛天の舞いに魅せられて

  • 作者: 大塚 清吾
  • 出版社/メーカー: 大修館書店
  • 発売日: 1999/06
  • メディア: 単行本



河西回廊の旅行中の読書。
というか、読んでから旅行しようと思っていたのに、時間がなくて持って行く羽目になりました。

著者はあのNHKの「シルクロード」の取材に参加したとのことで、そのエピソードを交えながら、西安、敦煌、タクラマカン砂漠を紹介しています。行っても見られない?写真も豊富です。

タイトルにもなっている飛天の話は敦煌の部分に出てきます。
初期の飛天はインドの影響を受けていて、筋骨隆々としたズボンをはいた人がジャンプをしていて、まるで体操のようです。それが時代を下るほどスリムになり、天衣でふわりと飛ぶようになります。

法隆寺金堂の飛天も同じような飛び方ですね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B3%95%E9%9A%86%E5%AF%BA%E9%87%91%E5%A0%82%E5%A3%81%E7%94%BB

ちなみに、天使のような有翼天人は、なぜか敦煌以東には伝わらなかったそうです。もちろん日本にも。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%9B%E5%A4%A9
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0