So-net無料ブログ作成
旅・出張 ブログトップ
前の10件 | -

福島といわき [旅・出張]

福島といわきを旅行してきました。

このところ飛行機のマイレージを使っての国内旅行が多く、実は飛行機で行けない近場が盲点です。
また、東日本大震災の被災地は北海道から岩手、宮城と見てきたので、福島も行ってみたいと思っていました。

そこで福島県。広いので、今回は東半分、福島といわきを車で回ってきました。

初日は東北道で猪苗代湖によってから福島へ。

雨男なので日本列島台風縦断と重なりました・・・。
fukushima_002.jpg

そして県庁所在地の福島、泊まってみたものの、これが定番の名所というものがあるわけではなく、つかみ所がない街ですね。
いか人参や、餃子を食べました。



翌日は福島からいわきに向かって出発。
最短距離より少し北を回り、飯舘村(いいたてむら)のあたりを通過してきました。

飯舘村は2017年3月31日に一部を除いて避難解除されました。
http://www.pref.fukushima.lg.jp/site/portal/list271-840.html
福島がある中通りと、太平洋側の浜通りの間は阿武隈高地となっています。
植生が違い、松が目立ちます。まるで北海道のような美しい景色です。
除染土と思われるシートに覆われた台形の山がぽつぽつあるものの、平和そのもの。

「いいたて村の道の駅 までい館」が2017年8月12日にオープンしていて、新しい館内にはしゃれたディスプレイで名産品が売られています。
一角には花が多く売られていました。飯舘村の名産品なんだそうです。
復興はようやくこれからだと思いますが、頑張って欲しいです。
http://www.vill.iitate.fukushima.jp/site/kanko/1404.html
https://www.facebook.com/michinoeki.madeikan/

浜通りまで出て、南相馬から常磐道へ入って南下。
浪江ICから常磐富岡ICまでの間は帰還困難区域に入ります。
路肩に線量計があり、数字が表示されていますが、概ね低く、局地的に高くなっていました。
ここで見てもその傾向が見て取れますね。
高速道路なので、通過はあっという間です。
https://jobando.jp/senryo/genzai.html

ドキュメント72時間で取り上げられた夜ノ森公園に行きたかったのですが、天気が悪いし、スクリーニング場などあり、ややこしいのであぶくま洞へ。

ここは1969年(私が生まれた年)に発見された、比較的新しい鍾乳洞。
周囲に何もないところにありますが、なかなか賑わっています。
公共交通機関では来にくいと思いますが。
追加200円で探検コースという追加ルートを通ることが出来ます。
ただ、ここはかなり狭く、おそらくお相撲さんだと通れないでしょう。
fukushima_017.jpg


続いて、福島県の国宝、願成寺(がんじょうじ)白水阿弥陀堂(しらみずあみだどう)へ。
これは平安末期の藤原清衡の娘であった徳姫が建立した寺で、阿弥陀堂が国宝、中の仏像が重文となっています。
池を渡っていくと阿弥陀堂がある構成は浄土式庭園と呼ぶそうで、宇治の平等院鳳凰堂を思い起こさせます。
ただ、西を向いて祈るレイアウトの平等院と異なり、白水阿弥陀堂は北を向いて祈るようになっていますね。
fukushima_020.jpg

阿弥陀堂内部には極彩色で彩られていた痕跡がうっすらと残っています。
仏像はいずれも寄木造りで平安時代中期以降の様式でしょうか。
定朝様と説明されていますが、顔つきはこれまた平等院の阿弥陀堂とは違う気がします。
脇侍は観世音菩薩、勢至菩薩、さらには多聞天と増長天があります。
いずれも平安時代という説明ですが、観世音菩薩と勢至菩薩は直立しており、勢いを見せる多聞天と増長天とは同じ時代のものだというのは不思議な感じがします。
四天王のうち、持国天と多聞天の2つしかないのも不思議です。
残念ながら、仏像は撮影禁止でした。

この日の最後はいわき市石炭・化石館ほるるへ。
首長竜などの化石の展示も面白いですが、炭田の展示は人形なども使って再現した本格的なもので、見応えがあります。
そもそも常磐炭田というものがあったことさえ知りませんでした。
エネルギー政策の転換で閉山となったものの、現在でも日本の火力発電では石油より石炭が多いそうです。
当時から温泉が湧き出て採掘の妨げともなっていましたが、閉山後はこれを使ってスパリゾートハワイアンズを作り、成功しました。

夜はいわきに泊まり、メヒカリの唐揚げを食べました。
fukushima_024.jpg
雨が相当強くなっていました。



最後の日は台風一過、強い日差しの日となりました。

午前はアクアマリンふくしまへ。
fukushima_027.jpg
ここはとても真面目な水族館です。
「カリスマ種に頼らない」という方針で、主役は普通の魚です。
鰯の群れは迫力がありますし、秋刀魚が泳いでいるのは初めて見ました。

また、キハダマグロやカツオが泳いでいる水槽の前で寿司を売っています。
アジなどを釣るコーナーや、焼き魚や魚料理を作るコーナーも設けられていて、人間と魚との関わりを考えさせるように工夫されています。

福島第一原発関連の展示もあります。
小名浜港の魚の放射線量は、大きく減少しているそうです。
グラフを見ても、最初の一年半くらいで劇的に減少しています。
震災直後は姿を消した釣り人も、放射線量が減ったことを知り、翌年からアジ釣りに戻ってきたそうです。
県内の木戸川は鮭で知られていましたが、津波でふ化場が被災し、原発事故の影響で避難地域になってしまいました。
鮭の量は放流量に強く依存しているため、当然ながら数は大きく減ってしまいました。
しかし、人間の手が入らず、簗場がない川を遡る鮭の写真は印象的でした。

小名浜港の向かい側にはいわき・ら・ら・ミュウという物販施設があり、魚売場やレストランが集まっています。
2Fは博物館となっており、いわきの被災に関する展示が続けられていました。
いわきは津波の被害を受けた上に、一か月後にさらに強い地震に襲われ、原発事故の影響を受けたため、復興は大変だったと思います。応援に来た大分県警の訓示など、心を打ちます。
ここも1Fは津波の被害を受けたようですね。
前では台風で延期になった秋刀魚のお祭りをやっていて、炭火焼きのいい匂いがしていました。

最後は塩屋埼灯台(しおやさきとうだい)へ。
fukushima_032.jpg
ここは登れる灯台として知らされていて、それほど大きな施設ではないですが、高台の上に立っているので絶景です。
fukushima_034.jpg
fukushima_035.jpg

海は台風直後のせいか、とても荒れていました。
海の写真の左側、津波で被災したと思われる地区が見えますね。
小さな資料館を併設していて、この灯台も地震の被害をかなり受けたことがわかります。

最後は常磐道で一気に東京に戻りました。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

稚内旭川旅行 [旅・出張]

暑い東京を離れて北海道に行ってきました。

まずは稚内へ。
日本が実効支配している領域で最北の宗谷岬。
北海道らしく腹ごしらえしてから海を望むと、(私の旅行には)珍しく晴れていて、サハリンが見えました。
雲の下の水平線にサハリンが広がっていますが、ちょっと写真では見にくいかも。
wakkanaiasahikaw_004.jpg
wakkanaiasahikaw_015.jpg

続いてノシャップ岬へ。
ここは最北端ではありませんが、夕陽の名所で、観光客が多く集まっていました。
これまた写真だと違ったように見えますね。
日没は、沈んだ後も空の色が変わっていってきれいです。
wakkanaiasahikaw_025.jpg

翌日も快晴で、街の後ろにある小山、稚内公園へ。
稚内の全景が見渡せ、最北端だけあって空気も涼しく、快適。

公園内にはサハリンに関連した碑がいくつか残されています。
これは9人の乙女の碑。
日本が支配していた樺太(サハリン)の真岡、8/15以降もソ連軍が当時の国境を越えて進軍してきました。
電話交換手だった9人の女性は、最後まで任務を全うし、この言葉を残して服毒自殺したそうです。
wakkanaiasahikaw_056.jpg

Wikipediaにも説明がありますね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E5%B2%A1%E9%83%B5%E4%BE%BF%E9%9B%BB%E4%BF%A1%E5%B1%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6

また、ロシアのサハリンと言いますが、日本の立場として、南サハリンは帰属未定地と言うことになっています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/topic.html


公園内には開基百年記念塔という塔があります。
それほど高い塔でもないですが、高台に立っていることもあり、これも絶景。
1Fと2Fは稚内の歴史について紹介されていて、また、サハリンについても紹介されています。
稚内は稚泊連絡船(ちはくれんらくせん)の出港地として発展しました。
そして、戦後も漁業で栄えたものの、200海里規制以降はそれも衰退してしまいました。
wakkanaiasahikaw_068.jpg

昔はロシア人が多かったとも聞きましたが、今でも標識などは日本語、英語、ロシア語です。
アーケード街という商店街、ご多分に漏れずシャッター街になりかけていますが、表示がロシア語です。
wakkanaiasahikaw_073.jpg

昼食後、特急で旭川へ。
wakkanaiasahikaw_074.jpg
北海道のローカル線、楽しみにしていたのですが、車窓は森ばかりで変化がなく、携帯電話も圏外になったままで、飽きてしまいました。
鹿が多いため、急ブレーキをかけることがある、という放送が何度も流されます。

旭川に着いたのは夕方。
旭川は北海道・東北で、札幌、仙台に次ぐ規模の大都会です。

観光する時間はほとんどなく、翌朝、飛行機の時間の前に旭川市博物館へ。
稚内の開基百年記念塔と重なる説明がありましたが、アイヌの話が丁寧に説明されていました。

普通に習う「日本史」では、縄文時代から、弥生時代、古墳時代、飛鳥時代、奈良時代、平安時代と進みますが、北方では縄文時代以降、稲作が出来なかったこともあり、異なった歴史を歩んでいきます。
弥生時代ではなく縄文時代が続き、続縄文時代に入ります。北方の大陸からの移住者によるオホーツク文化、さらにそれらが混淆して擦文時代になります。これが平安期から鎌倉時代まで。
その後アイヌ文化に進みます。
知られていませんが、九州だけではなく、サハリンでもアイヌが元との争いを13世紀に経験しています。
アイヌ文化というと独自の文化という印象を持っていましたが、文化や経済的にも倭人との交流は密でした。
そうした互恵的な関係が、江戸時代、そして明治時代と一方的なものへの変わってきてしまい、現在に到ります。

最後の飛行機も珍しく晴れていて景色がよく見えました。
旭川は上川盆地にあり、主要な河川が交わる場所となっています。
北海道の異国感というのは、日本の田舎で見られる田んぼがないからだと思っていましたが、旭川は米所。
ビルが建ち並ぶ中心部を田んぼが取り囲んでいることがよくわかります。
wakkanaiasahikaw_081.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

中欧・東欧旅行(ダイジェスト) [旅・出張]

遙か昔に感じますが、夏休みは中欧、東欧の5か国6都市をさーっと巡ってきました。

まず、ロンドン経由でポーランドのクラクフ。
近郊のヴィエリチカ岩塩坑へ。ここは世界遺産になっています。
坑内に教会がいくつもあります。
事故が多い現場、祈ってから仕事を始めたそうです。
middlewesteurope_027.jpg

そして、翌日はアウシュビッツへ。
これはガス室。意外に小さい。
何でもない建物ですが、ここで何人もの命が奪われたことを考えると厳粛な気持ちになります。
近郊のビルケナウも見学しました。
戦後、多くの関係者は「自分は命令に従っただけだ。」と言ったそうです。
middlewesteurope_070.jpg

クラクフの街自体も世界遺産になっています。
大きな広場に面した聖マリア教会、まあ普通の教会でしょう、と思ったら青で埋め尽くされた美しいものでした。
カトリックの国ですが、他の教会の建物も、イタリアのルネッサンス様式のようなものがあったりして、中欧というのは不思議なところです。
middlewesteurope_121.jpg

さらに、皆ピエロギという餃子をばくばく食べていて、中欧というのは不思議なところです。
皮は日本の餃子より少し厚いものの、焼いたもの、煮たもの、揚げたものがあり、中身も豊富。
middlewesteurope_130.jpg

堪能したクラクフの次は、夜行列車でスロバキアのブラチスラバへ。
首都とは言え、とても小さな街で、これといった見所も限られています。
でも、これぞ欧州の街という落ち着いたところで、こざっぱりとして雰囲気の良いところでした。
middlewesteurope_150.jpg

今度はドナウ川を船で遡ってウィーンへ。
middlewesteurope_196.jpg

べたな観光をしてから今度は飛行機で、ルクセンブルクへ。
ここも見所盛りだくさんという訳ではないですが、何より自然の要塞の上に作られた街が面白い。
そして、いろいろな言語が飛び交う不思議な国でした。
middlewesteurope_282.jpg

最後の国はベルギー。
最初はルクセンブルクからほぼベルギーを横断してブルージュへ。
かつて交通の要所として栄えたものの、その後衰退したために古い街並みが残っている観光地です。
街自体、かつては今よりずっと人口が多かったそうです。
そして、丸くと広場に立つ巨大な鐘楼も、かつてはこの上にさらに木造の塔が建っていたそうです。
middlewesteurope_303.jpg

旧市街は水路で囲まれていてボートで観光できます。
ジグザグな正面が特徴的な屋根は、この地域一帯で見られるものだそうです。
middlewesteurope_347.jpg

こうしていろいろな国を続けて移動していくと、国毎に随分物価も異なり、ルクセンブルク、ベルギーはかなり高いです。
しかし、食べざるを得ません。
middlewesteurope_305.jpg
middlewesteurope_306.jpg

最後は鉄道でブリュッセルまで戻り、食事と買い物をして帰ってきました。
ブリュッセルは今週もテロがあったようですが、行った時点でも街には二人組でマシンガンを持った兵士が目立ち、ものものしい雰囲気でした。
middlewesteurope_385.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

能登旅行 [旅・出張]

国内旅行もいろいろ行ってきたので、最近の注目は離島や半島です。
この連休は能登半島に行ってきました。

午後から出発して飛行機で能登空港へ。
バス、のと鉄道と乗り継いで、最初は七尾へ。
noto_004.jpg

飛行機から見ると能登半島は山がちではあるものの、あまり高い山は無いようです。
鉄道で走ると、そのゆったりとした山はもちろん、穏やかな七尾湾の海が見え、その間には水田が広がり、黒い瓦の切妻屋根の民家が並びます。
海だけ、山だけ、水田だけ、というのではなく、これらが全部見えて色が美しく、日本の田舎、といった感じです。

七尾は結構大きな街ですね。
ちょうど夏祭りをやっているらしく、縁日の屋台が並んで楽しい雰囲気に溢れていました。
定石のように鮨で夕食、蒸しアワビやノドグロの炙りは美味しい。
そして、サザエなんて食べたのは何年ぶりでしょうか。
noto_013.jpg


二日目はレンタカーを借りて七尾を出発。
コンパクトカーなのに、自動ブレーキ、車線逸脱警告、ハイビーム切り替え。
時代は進んでいます。

能登島水族館でジンベイザメとイルカを見て、昼は外浦まで走ってこれまた鮨。
ちょっと走っただけなのに、内浦の七尾湾の穏やかな海と違って、波が荒い日本海。
海岸線も起伏が激しく山が迫っています。

走っていると、重要伝統的建造物保存地区の看板を発見し、急遽立ち寄り。
黒島地区は北前船の廻船問屋として栄えた天領で、地区全体が重要伝統的建造物保存地区となっています。全く知らなかった。

港町かと思うと真ん前の海岸の地形を見ても良港という感じではありません。
交易の拠点ではなく、廻船問屋という経営と労働力の機能だけがあって発展したそうです。
当時の黒島地区の船乗りは、春になると大阪まで陸路で行き、そこから北を目指して進みながら交易し、今度は南に下って交易して大阪まで戻り、そこで船を下りてまた陸路で黒島地区に戻ったそうです。
わかったようなわからないような。

廻船問屋だった旧角海家住宅を見てきました。
相当に大きな家で、道路沿いに店があり、奥の海側には蔵があります。
黒島地区を見ても、黒瓦の木造家屋が並ぶだけで、蔵があるように見えませんが、これは潮風にやられないように蔵を小屋で囲った鞘蔵だからだそうです。
noto_022.jpg

時間を随分使ってしまったので、總持寺祖院をさっと見てからレンタカーを返しに能登空港へ。

總持寺は大がかりな修復工事中で、これは2007年の能登半島地震で損傷を受けたためとのこと。
能登半島地震、あったことも記憶になりませんでしたが、黒島地区も甚大な被害を受け、そこからの復興過程が重要伝統的建造物保存地区となるきっかけでもあったようです。
台風の影響を受けてから重要伝統的建造物保存地区となった御手洗の話にも通じるものがあります。
noto_030.jpg

能登空港から輪島にバスで出て一泊。
鮨はいいやと思って割烹に行ったら、またもや海産物食べすぎ。
noto_036.jpg
重い体を引きずって、御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)の実演を見てきました。


最後の朝は、これまた定番の朝市を見てから輪島塗会館。
輪島塗は分業体制で、全体プロデューサーに相当するのが塗師。
塗師は各地を売りに回ると同時に文化を吸収してきたのだそうです。
展示されている漆塗りを見ると、そのデザインに文化的蓄積を感じます。

今回は時間も短く、白米千枚田など定番も行けませんでした。
東京からの飛行時間も短く、自然と調和した田舎で、食べ物も美味しく、文化も深い。
また行ってみようと思う場所でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シチリア旅行(ダイジェスト) [旅・出張]

放送大学で西洋の修道院をやって以来、イタリアに行ってみたいな、と思っていたので、ゴールデンウィークを利用してシチリアに行ってきました。

半年前のタンザニア旅行以来の海外旅行で、リハビリです。

■シラクーサ

行きはブリュッセルを経由してカターニアに夜に到着し、翌朝はシラクーサへ日帰り旅行。
今でこそ小さな町ですが、ここは紀元前のギリシャ植民地時代からシチリア島の中心都市だったところです。
アルキメデスもここの人物であり、アルキメデス広場という広場があったりします(他のシチリアの都市にもありますが)。

本土側にはギリシャ劇場、古代ローマの円形競技場が残りますが、ギリシャ劇場はカバーで覆われていて、台無しでした。
sicily_009.jpg

突き出したオルティージャ島にはギリシャ時代の遺跡だけではなく、中世以降の街並みが広がります。
ドゥオーモはこれぞバロックという外観。
sicily_017.jpg

カフェで昼食にシーフードスパゲティ(ブカティーニ)を頼んだら、3人分はあろうかという量が出てきて、夕食が食べられなくなりました。美味しかったけど。
sicily_015.jpg


■カターニア

カターニアはエトナ山のそばにあるシチリア島第二の都市で、見所はそれ程多くないが、ローマ時代の円形闘技場跡があり、ドゥオーモがある。
sicily_029.jpg

sicily_044.jpg

シチリアの名物に、混ぜご飯のおにぎりを揚げたようなアランチーニという食べ物がある。
ひたすら腹に溜まる。
sicily_052.jpg


■アグリジェント

小さな町ではありますが、ここもギリシャの植民都市に遡ります。
観光客も多いです。

神殿の谷と呼ばれる地域には神殿跡が残ります。
sicily_070.jpg
sicily_077.jpg

現在の街は丘の上にあり、街中の移動は坂ばかりで大変です。
街の住宅地の中にはサント・スピリト教会があり、一見地味ですが、中はすごい。
パレルモ出身のジャコモ・セルポッタという人物による像が動き出そうかというように配置され、これぞバロックという感じでした。
sicily_096.jpg



■パレルモ

最後はパレルモ。
ここはすごかった。
sicily_121.jpg

マルトラーナ教会は内部がビザンチン様式かと思えば、
sicily_148.jpg

ロザリオ・イン・サンタ・チータ祈祷堂は、またジャコモ・セルポッタによるバロック。
sicily_166.jpg

サン・フランチェスコ教会はロマネスクだとのことですが、内部はゴシックのような部分、バロックのような部分が混在していました。
sicily_187.jpg



シチリア島は、ギリシャ、ローマ帝国、東ローマ帝国、イスラム、ノルマン人、フランス、スペイン、オーストリアと地中海世界の登場人物が全部入りになったような複雑な歴史を持っていて、難しくて頭が混乱しますが、大変興味深いところです。

食べ物も、イタリア料理でありつつ、魚介類も豊富で、日本人にはうれしいところです。
量が多いのはきついですが。
sicily_155.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

松本と犬山(国宝五天守の旅) [旅・出張]

年度も開けたので、ゴールデンウィークを控えてはいるものの、ちょこっと車で二泊三日の国内旅行をしてきました。

■松本

初日は松本へ。
ゆっくり寝てから起き、洗濯をして、2km泳ぎ、洗車給油してから出発したので、松本に到着したのは夜。
ちょうど夜桜を見るために松本城内を開放していたので、見てきました。
東京より少し遅く、ちょうど満開です。(とわかってて行ったのですが)

446519038.jpg

446519082.jpg

しゃれたバーで少し飲んでから一泊、翌日は再び松本城。
青い空と雪を抱いた山の組み合わせという背景が素晴らしい。
446519567.jpg

つまり、珍しく晴れていました。

なぜか松本は外国人観光客、それも欧米系の観光客が目立ちます。

旧開智学校、なわて商店街、中町商店街を見てから岐阜へ。


■岐阜

岐阜に着いたのは夕方の日没前。
何度か来ているので車でしか行けないところと言うことで、金華山展望所まで。
ここ、かなり良いところですが、公共交通機関がなく、車でしか行けないので他の夜景の名所ほど有名ではないのかも。
446519770.jpg

446519894.jpg

岐阜の夜の町はなかなか興味深いですが、今回は夕食の小料理屋でかなり満足したので、早めに上がり。
駅前から商店街がありますが、夜は全く人通りがありません。
かといって寂れているかと思うと、しゃれた店がぽつぽつあったりします。
446520033.jpg


■犬山

最終日は岐阜から犬山へ。

実は、犬山城を見て、国宝となっている五つの天守(松本城、犬山城、彦根城、姫路城、松江城)をすべて見たことになります。
最後に見るのにふさわしい、これまた絵になる城でした。
matsumotoinuyama_054.jpg

ただ、基地が近いせいか、ひっきりなしに轟音と共に戦闘機が飛んでいきます。

門前町もさっと見て、これまた車でないと行きにくい、博物館明治村へ。
matsumotoinuyama_055.jpg
ここは古い日本の建物を60以上移築しているところで、素晴らしいところですね。
レストランはもちろん、それらしい市電、SL、バスも走っていて、おそらく一日いても飽きないです。
普通は観光に行ってもこうした建物はたいてい町の中にぽつんと1つ2つあるだけですが、ここは際限なくありますし、中にも興味深い展示がされています。
小金井公園にある江戸東京たてもの園よりずっと大きいです。

いつまでも見ていたい・・・ところですが、時間はもちろん、いつもように雨が降ってきた。
靴下まで濡れてしまい、帰路へ。
高速道路も、前がよく見えないほどの豪雨でした。

matsumotoinuyama_065.jpg


まだ行っていない松本城、犬山城に行って、国宝五天守を制覇するのが主目的ではありましたが、この時期の国内を走り、こんなにも桜がいろいろなところに咲いているのにびっくりでした。
また、桜が終わっているところも新緑が素晴らしい。
この時期の国内旅行も味を占めてしまいそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

川越 [旅・出張]

この時期はまとまった時間がなかなかとれないので、おそらく家から一番近い重要伝統的建造物保存地区である川越に行ってみました。

小江戸小江戸って言い過ぎだよな、と思っていましたが、各地の重伝建と比較してもきれいに街並みが残っている方ですね。
電線も地中化されていてきれいなものの、自動車の交通量が多く、歩きにくいのが残念。
近くにバイパスを作って歩行者天国にでも出来れば良いのですが。
土産物屋も多く、休憩できるしゃれた喫茶店も多いです。
地方の重伝建だと、今も使われているかわりに、全く休めるところがないところもあります。

海外からの観光客も多く賑わっていて、街並みを生かした観光策としては大成功ではないでしょうか。都心から近いことが有利だとしても。

ただ、良くも悪くも観光地になりすぎていて、個人的にはもう少し歴史的な解説や見学が出来ると良いのにな、というところでした。

kawagoe1.jpg

kawagoe2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

天草旅行 [旅・出張]

毎年恒例、1月の連休の旅行は天草に行ってきました。

天草は120もの島からなり、現在は熊本県に属していますが、長崎県、鹿児島県にも面していています。
今でこそ「離島」ということになりますが、かつて舟運が主体だった時代にはむしろ交通の便の良いところだったのでしょう。
主要な島である下島(しもしま)、上島(かみしま)、大矢野島、そして本土側の宇土半島も含めて川のような水路で離れているくらいなので、橋で接続されており、半島のような交通路になっています。
全体的に山がちで平野は少なく、海岸沿いにいくつかの街があります。

東京から行くのにはそれなりに時間がかかり、観光に割けるのはほぼ一日。今回は一番離れた下島を中心に反時計回りに回ってみました。


■本渡(ほんど)

昼頃に家を出発して、羽田空港から福岡空港へ。
ここから往路は天草エアラインを利用してみました。

天草エアラインは「みぞか号」1機しかない小さな航空会社ですが、手作りの機内誌を作ったり、頑張っています。
あいにくの天気で景色は楽しめなかったものの、夕暮れの天草空港に到着。
いつものように雨が降っていて、リムジンバスで本渡へ。

本渡は下島最大の都市で、コンビニやファストフードもあり、寂れているもののアーケード商店街もあります。

二日目に歴史民俗資料館、天草キリシタン館、明徳寺を見て、三日目は祇園橋と本渡諏訪神社を見学。

天草の歴史となると、やはりキリシタンによる島原・天草の乱と、その後の鈴木氏の統治の話が中心になります。いろいろな博物館がありますが、内容はほぼ同じになっている印象です。

早い段階からキリスト教化が進んでいた島でキリスト教を弾圧したため、という宗教上の理由だけではなく、耕地が限られているにもかかわらず高い年貢を課されていて、凶作が続いたことが理由として挙げられています。
ただし、反乱側は最終的に1人を除いて全員死亡という悲惨な結果となったこともあり、なぜ、何を目指して反乱を起こしたのかはよくわからない印象です。

37000人もの人が亡くなってしまったために地域社会のダメージは大きく、その後天領になった天草に代官となった鈴木重成は年貢の半減を幕府に求め、その兄で曹洞宗の鈴木正三は仏教でこの地を支えようとしました。その子の鈴木重辰も含めた3人はとても尊敬されていて、鈴木神社という神社もあるそうです。

本土にある明徳寺も曹洞宗のお寺。
石段には十字架が刻んであり、そこを踏んでいくようになっているとのことでしたが、見てもよくわかりませんでした。
階段の右にある像、明らかに外人顔ですね。
境内の慈母観音もマリア像のようでした。

amakusa_006.jpg


■苓北町(れいほくまち)

天草下島はほとんど天草市ですが、北西部分は苓北町になっています。
ここに飛び出したよう半島があり、富岡城の跡があります。

ここは島原・天草の乱の際に激戦地となり、勃発後勢いを増す反乱軍が攻めますが、落とすことが出来ませんでした。
そのことが、反乱の潮目の変わり目になったようです。

現在の建物は復元のようですが、海の眺めは美しく、自然に作り上げられた砂嘴が見えます。

この辺りは昔は石炭がとれたそうで、現在では巨大な火力発電所がありました。

amakusa_012.jpg


■大江、崎津

下島の西部は断崖絶壁が海に臨むような厳しい地形で、夕陽で有名。

amakusa_020.jpg

その間に小さな集落があります。
大江は山の中、崎津は海沿いの小さな集落ですが、そこに教会が建っています。

教会の建物自体は正直なところそれ程でもないように思いましたが、小さな日本的な集落に教会が建っているのは不思議な光景ではあります。特に崎津なんて、本当に小さな集落です。

島原・天草の乱以降はますますキリスト教の弾圧は厳しくなり、毎年踏み絵を踏ませたりしていたようです。
それでもこの辺りには隠れキリシタンが残り、300年も信仰を守ってきました。
その間にオラショと呼ばれる祈りの言葉はラテン語も意味不明のものになるなど、変化していきました。
明治になってキリスト教の禁令が説かれたとき、崎津はカトリックに復帰しましたが、隣の集落の今富は自分たちの信仰を続ける選択をしたそうです。

amakusa_019.jpg


■牛深(うしぶか)

下島の一番南西にあるのが牛深。
ハイヤ大橋という巨大な橋があります。これは関空を手がけたレンゾ・ピアノが設計したとのこと。
遊郭の跡地など見てみたかったのですが、時間が遅くて断念。
おみやげに「ばくだん」などのかまぼこを買って、本渡に戻りました。

amakusa_021.jpg


■大矢野島

最後の日、帰りは熊本までバスで戻ることにして、大矢野島の天草四郎メモリアルホールをちょっと見て帰ってきました。

途中、一号橋を新設している工事が見えました。
現在の橋の隣にアーチの橋を架けているようです。

amakusa_032.jpg

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

合掌造りと高岡 [旅・出張]

2016年の年末は、岐阜と富山に行ってきました。
7月に買った新車で、泊まりがけの旅行は初めてです。

■岐阜

以前に岐阜に行ったのは30年近く前、学生時代に青春18切符で。
その時は、何だか寂れている印象を受けました。

久し振りの岐阜は路面電車こそなくなったものの、JR、名鉄の駅の周辺は若者も多く、おしゃれな店が並んで賑わっています。
が、柳ヶ瀬に行くとイメージ通りの?地方の繁華街。
渋いバーテンダーがいる小さなバーで飲みました。


■合掌造り・白川郷

二日目は白川郷へ。
以前この辺りに来たときは、東海北陸自動車道は郡上八幡くらいまでしかなかったと思いますが、現在は北陸まで全線開通しています。

世界遺産の白川郷も白川郷ICからすぐです。
が、集落に入る辺りから各地のナンバーの車で渋滞。駐車場が満車で入れ替わりで入れています。


gassyo_takaoka_005.jpg

ようやく車を駐め、橋を渡ると荻町集落。アジア中心の海外観光客も多く、テーマパークのよう。

ただ、合掌造りは期待以上に楽しめました。
生活をしている集落なので、入れる家は3~4軒ですが、かなり巨大。
5階まであるものもあり、住居というより、マンションのよう。
釘をほとんど使わない、と言われますが、まずその巨大な建築を可能とした技術に驚きです。

gassyo_takaoka_011.jpg

どの家も構造は似ていて、基本的に住居は1階となっています。
囲炉裏が必ずあり、居間の他に立派な客間や仏間があります。
客間は欄間の彫刻も施され、違い棚、床の間というフル装備。
仏間には「報恩講」という見慣れない言葉の説明が。
これは現地では「ほんこさま」と言われており、浄土真宗の行事のようで、冬にごちそうを食べたりするそうです。
そのための立派な食器も残されており、今でもやっていると後に訪ねた相倉集落の人も言っていました。
この辺りは浄土真宗が信仰されていたようですね。
gassyo_takaoka_025.jpg
gassyo_takaoka_042.jpg

中二階には独身者・使用人の部屋がありますが、巨大な屋根裏の2階以上は作業場となっており、養蚕、紙すき、硝石の製造が行われていました。
現在公開されている家屋では博物館のように昔の農機具などの展示場所になっています。
gassyo_takaoka_021.jpg
gassyo_takaoka_045.jpg

養蚕を行うというのは東日本中心に江戸以降の日本で普通に見られたことですが、合掌造りという特異な建築が生まれたのは、雪深いために急傾斜の屋根が必要となったこと、山間で農耕地を最大限確保するために屋根裏を活用したことがあります。
1階の囲炉裏の上部は格子の吹き抜けになっており、暖気が上階にも流れるようになっています。逆に言うと暖房効率が悪そうですが。

硝石造りというのも興味深く、床下に蚕の糞、そして人の尿を重ねていって、原料としたそうです。

今でこそ高速道路で行けますが、厳しい山間の生活、生きていくためにいろいろな工夫をしたことがうかがえます。
その一方で、行事のための衣服や食器は割と贅沢なものが残っていたりします。
しかし、戦後経済が発展する中で、医者もいない山村は取り残され、廃村になったりする事例もあったようです。
だからこそ古い家屋が残ったとも言えるし、そして世界遺産になったからこそ、今に残っているというのは幸運としか言い様がありません。

来るときに降っていた雪が上がったので、展望台に上ってみました。
白川郷荻町集落の合掌造りの特徴は、切妻の屋根の向きが揃っていることで、そのことがこの美しい景観を作っています。
谷の流れる向きに揃っていますね。
gassyo_takaoka_038.jpg


■高岡

2泊目は高岡、富山県第二の都市。
都道府県所在地はほぼ行ってしまったので、最近は第二の都市に注目です。

着いた晩には寒ブリ、平目、香箱ガニを食べ、翌朝から市内巡り。
万葉線というしゃれた名前の路面電車が走っています。

まずは瑞龍寺。曹洞宗の寺というのが北陸っぽい。
一直線に並んだ山門、仏殿、法堂が国宝になっていて、その他の建物も重要文化財です。
伽藍の配置は永平寺や萬福寺に似ています。
禅の寺らしく派手さはありませんが、よく見てみると欄間の彫刻や、釘隠しが凝っていたり、襖の模様と引手のデザインが統一されたり、いい感じです。
gassyo_takaoka_062.jpg
gassyo_takaoka_068.jpg

駅の反対側に行って、日本三大仏の一つという高岡大仏を見てから、高岡の二つの重要伝統的建造物保存地区の街並みへ。

一つ目は山町筋(さんちょうすじ)。
歩いていて、どこかよくわからなかったほど、交通量が多い車道で、ぽつりぽつりと土蔵造りの建物がありますが、景観をぶちこわすような建物もあって、台無しです。
黒っぽい古い街並みに、白いビルが建っているのは他でも見ますが、所有者の意図は謎です。
電線は地中化され、電灯もデザインされていますが、歩いて楽しいというには到らない感じです。残念。

gassyo_takaoka_074.jpg

一方、川を渡っていったところにある金屋町(かなやまち)は、石畳になっていて、ずっといい感じです。
高岡は鋳造の街で、高岡銅器は国内でも圧倒的なシェアを誇ります。
住居だけではなく、銅器の会社と思われる家も多く、見ていると金森など金属系?の名字が多くあります。
江戸時代の勅許鋳物師の系統のようですね。
古い家々の前に鋳造された像が一つ一つ置かれているのもしゃれています。
gassyo_takaoka_081.jpg

五箇山へ行く途中で雨晴海岸(あまはらしかいがん)からの景色。
高岡は藤子不二雄の出身地としても知られていて、列車もそれにちなんでいます。
gassyo_takaoka_092.jpg


■五箇山の菅沼集落、相倉集落

世界遺産の合掌造りというと岐阜県の白川郷(荻町集落)が有名ですが、実は五箇山の菅沼集落、相倉集落のあわせて三つで世界遺産です。
帰り道に残り二つも訪問。

高速道路のIC一つ離れただけですが、観光客はずっと少なくなります。

菅沼集落は9軒ほどの合掌造りがある小さな集落。
建物は土産物屋やレストランになっていて、観光地化された印象。

白川郷と五箇山の合掌造りは似ていますが、白川郷の合掌造りは平入りであるのに対して、なぜか五箇山は妻入りです。
また、白川郷と違って、五箇山の合掌造りの向きはまちまちです。
gassyo_takaoka_103.jpg

さらに20分ほど車で走ると相倉(あいのくら)集落。
ここは菅沼集落よりは大きい。
開いている相倉民俗館、相倉伝統産業館を見ましたが、人が少なく丁寧に説明してくれて幸運でした。
gassyo_takaoka_111.jpg

3つの村どこでも、家の前に「放水銃」なるものがあります。
囲炉裏で火をたいているものの、木造である合掌造りは火災が天敵だそうで、集落内は禁煙。
いざ火災になった際はここから水が出て、延焼を防ぐのだそうです。
gassyo_takaoka_110.jpg

ということで、富山に日没近くまでいてしまったので、空いている高速道路を走りに走って、帰宅。
家で紅白を途中から見て一年の締めくくりです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

津和野・山口旅行 [旅・出張]

アフリカのタンザニアの次は、3連休を利用して島根県の津和野と山口県の山口を旅行してきました。

珍しく前日は遅くならずに帰れたので、荷造り、出発とも慌てずに朝の羽田空港に到着、飛行機で萩・石見空港へ。
曇っていましたが、着陸前には山が海に迫った山陰の海岸がよく見えました。こういうところ、船でのんびりクルーズしたら楽しいと思うのですが、誰かやらないでしょうか。

萩・岩見空港は、便数が限られたこぢんまりとした地方空港。
唯一の公共交通機関は益田駅のバスなので、それを利用する予定でしたが、予約制の乗合タクシーに空きがあったので、直接津和野まで。


■津和野

津和野は津和野川沿いに広がる山間の城下町で、山陰地方の観光地としては有名なものの、以前の松江・石見銀山・萩旅行で立ち寄れなかったこともあり、行ってみたいところでした。

駅のコインロッカーに荷物を預けて歩き出したところでぽつぽつと雨が降り始めました。
天気予報で予想されていたことですが、どんどん強くなることも予想されていたので、弥栄神社(やさかじんじゃ)を見てから、山の中腹にある太皷谷稲成神社(たいこだにいなりじんじゃ)へ。
京都の伏見稲荷神社のように赤い鳥居が並ぶ上り道を登っていきます。
tsuwano_yamaguch_013.jpg
tsuwano_yamaguch_052.jpg

さらに歩いてリフト乗り場からリフトで山を登り、津和野城址まで。
結構な山道。
このあたりでかなり雨が強くなってきて、雨と蒸し暑さによる汗でシャツもびしょ濡れ。
リフトを降りた山道で1回人とすれ違いましたが、他には誰もいませんでした。熊が怖い。
津和野城は石垣が残るのみですが、眼下に津和野の街を眺めることができます。
オレンジ色の瓦が多く印象的ですが、なぜこういうところに来るといつも雨なのでしょうか。
tsuwano_yamaguch_026.jpg
tsuwano_yamaguch_031.jpg



西周旧居、森鴎外旧宅と森鴎外記念館、津和野町郷土館を見てから重伝建地区の殿町に。
水路に立派な錦鯉が泳ぎます。
きれいなところですが、脇町、竹原、御手洗、萩と行った他の重伝建地区と比べると、雰囲気がある歩いて楽しい町並みという感じではありません。
もっとも、あまりにも保存状態が良いと、休んだり買い物したりする店が少なくなってしまうんですけどね。
tsuwano_yamaguch_060.jpg

車で訪れる人が多いせいか、早めに閉まる店が多いのも残念。

多胡家表門、大岡家表門、藩校養老館跡、津和野カトリック教会をざっと見て、最後は永明寺(ようめいじ)と森鴎外の墓。
森鴎外は津和野で幼少期を過ごしましたが、その後は二度と戻ることはありませんでした。
特に嫌っていたのではなく、機会がなかっただけのようですが。
「森林太郎」の墓は三鷹の禅林寺にもありますね。



■秋芳洞、秋吉台


翌日は朝からバスで秋芳洞まで。
いつものことですが、連休なのに路線バスの乗客はまばら。
車窓からはセイタカアワダチソウの黄色い花がよく見えます。

秋芳洞のバスセンターを下りて、参道のような商店街を通り、入り口を超えると川沿いの通路を進んでいきます。
この川は秋芳洞から流れ出していて、水量も多く激流。
洞内に入ってもごうごうと音が響き渡り、怖いくらいでしたが、どうやら前日までの雨のせいでいつもより水量が多かったようです。
tsuwano_yamaguch_074.jpg
tsuwano_yamaguch_076.jpg

秋吉台はカルスト地形で石灰岩の塊なので、しみこんだ雨水が地下水となって流れることで鍾乳洞が形成されます。
鍾乳洞自体は何回も見ているものの、広くて、良いのか悪いのかコンクリートの鋪道が整備されているのでゆっくりと見ることができます。
他の鍾乳洞にあるような狭い通路を通るというのはほとんどありません。

この日は雲があるものの晴れ、暑いくらい。
日差しは強いものの、涼しい風が吹いていて、というか、すごく風が強い。

秋吉台科学博物館を見て、せっかくなので、秋吉台の散策をしました。これまた人が少なかった。
tsuwano_yamaguch_084.jpg

秋吉台は、海底の火山の上に成長した珊瑚礁が、プレートが潜り込む際にはぎ取られ、押し上げられて陸上に露出したものだそうです。

石灰岩なので雨水で浸食されるため、基本的に川はなく、くぼみが形成され、そこから地下に水が流れていきます。
植生はそのくぼみに堆積した土壌によるものです。

森林ではなく、草原になっているのは、山焼きをしている影響もあるのかもしれません。


■山口

秋芳洞からバスで戻ってすごい勢いで山口見学。

今回泊まったのは山口の隣駅の湯田温泉。ただ、山口は小さな街で、山口大学も湯田温泉に近いため、山口市街と湯田温泉は一体化し、繁華街も湯田温泉の温泉街となっているようです。

先ず向かったのが県政資料館となっている旧県庁舎・旧議事堂。
見学者は他にいませんでしたが、このように旧県庁舎・旧議事堂が残っているのは、山形県と山口県のみとされます。山形県の文翔館を見た際にそのことを聞いていたので、見逃せないと思っていました。
山形のように気合いを入れて修復されているわけではありませんが、部屋ごとに天井のデザインが異なり、やはり凝った建物でした。
tsuwano_yamaguch_093.jpg
tsuwano_yamaguch_099.jpg


山形県の旧県庁舎は当時の馬淵鋭太郎知事が建てようとしますが、あまりにも豪勢で予算がかかるので、県議会で紛糾、譲らなかった知事は山口県に転任となってしまい、その後、1913年に着工、1916年に完成しました。

そして、転任先の山口で、全く同じ1913年に着工、1916年に完成したのが山口県の旧県庁舎および県会議堂です。

両者が現在まで残されているのも、因縁を感じます。


県立博物館、県立美術館を見て、山口ふるさと伝承総合センター、龍福寺(大内氏館跡)、今八幡宮、弥栄神社とすごい勢いで見ていって、最後は瑠璃光寺。ここの五重塔は室町時代の建立で、国宝。日本三大名塔の一つだそうです。
屋根の大きさに対して層は小さく設計されていて、すっきりと見えます。
tsuwano_yamaguch_119.jpg

ここで日没。


翌日はホテル近くの中原中也記念館を見て、早めに帰ってきました。



二泊三日の短期の旅行も緊張感があって良いですね。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅・出張 ブログトップ