So-net無料ブログ作成

国芳ヒーローズと浮世絵 六大絵師の競演 [芸術]

二つの浮世絵の展覧会を見てきました。

太田記念美術館の「国芳ヒーローズ~水滸伝豪傑勢揃」、
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/kuniyoshi-heroes

山種美術館の「浮世絵 六大絵師の競演―春信・清長・歌麿・写楽・北斎・広重―」
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2016/ukiyoe.html

どちらも落ち着いて見られるので好きな場所です。
浮世絵と言っても時代によって随分異なるし、ジャンルもいろいろなので、特に山種美術館の展示のように主要な作品をまとめて見るのは面白いです。

武者絵、役者絵、美人画、名所絵とか、まさに今の劇画だったり、ポスターだったり、そのものだよな、とあらためて思わされます。

旅行好きなので広重の東海道五十三次の一揃いは興味深く見ましたが、現在の観光地と当時の名所って結構違うので、場所がよくわかりませんね。

浮世絵には全然関係ありませんが、その東海道五十三次の解説で、浜名湖はもともと淡水湖で、1498年の地震で海とつながったことを知りました。そうだったんだ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0