So-net無料ブログ作成

小林清親、若冲と蕪村 [芸術]

前学期に落とした放送大学の「日本美術史」、これは実物を見るしかない、と決意しました。
ということで、気をつけて見ていると、いろいろ展覧会があるものですね。

年度も明けたので、「学習の一環」として、いくつか見に行っています。
「学習の一環」なので学割も行使したりします。

まずは、太田記念美術館で見た「広重と清親」の流れで、練馬区立美術館の「小林清親展」。
http://www.city.nerima.tokyo.jp/manabu/bunka/museum/tenrankai/kiyochika2015.html

今年は清親没後100年とのこと。
若い頃に作った「東京名所図」、光線画はやっぱり素晴らしい。
江戸ののどかさを残しながらハイカラな街並みに変わっていく様がなんとも言えません。
登場人物が結構後ろ姿であるというのも良い感じです。

しかし、時代の流れだったのか、その後、清親はこうした風景画は書かなくなってしまい、風刺画や戦争画を書く画家になってしまいます。

一人の画家に焦点を当てた展覧会だと、こうした時代や人生によって変わっていく様も知ることができて、考えさせられます。人生というのは長いものです。

面白かったのは、「浮世絵」は版画なので、同じものが二つ展示されているものがあったこと。
もちろん同じなのですが、今時の工業製品と違って、色のついた範囲など、結構違います。
いろも違うように見えるのは、保存の違いでしょうか。



もう一つは、時代も遡って、サントリー美術館の「若冲と蕪村」。
二人とも1716年に生まれているので、ほぼ?生誕100年ということになります。

場所柄か混んでいて、ちょっと辟易でしたが、伊藤若冲というのはすごいですね。
「天才画家」などというコピーは陳腐ですが、彩色画も水墨画も描ける。版画もできる。
そして、写実的に描くことももできるし、デフォルメして描くこともできる。
緻密に描くことももできるし、粗い線で漫画のようにさっと描くこともできる。
http://www.suntory.co.jp/sma/exhibit/2015_2/display.html

構図も考えられていて、生け花のよう。
こういう画が生まれるのはやはり京都なのでしょうか。

今でも京都の町を歩いていると、何気ない店先の花や看板のレイアウトにはっとしたりすることがありますが、こういうセンスの蓄積が文化なのかな、と思ったりします。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0