So-net無料ブログ作成
検索選択

岡山・尾道・松山(ダイジェスト) [旅・出張]

最近恒例となっていますが、1月の連休を使ってマイレージを使った国内旅行をしてみました。
これもまた最近多いオープンジョーで、岡山空港で降りて松山空港から帰ってくるコースです。

1日目は岡山空港で降りましたが、この日はレンタカーを借りて、まずは高梁まで。
もともと高梁という街は知らなかったのですが、瀬戸内海を旅行しようとしてガイドブックを買ったら載っていたので、行ってみました。そうしたら、とても良いところでした。
岡山からは車で1時間くらいかかります。

高梁は備中松山城というお城があります。
車で途中まで行って、山道を少し登らなければなりません。
こんな山の上にあると大変なので、城主も普段は麓にいたらしい。
takahashi01.jpg

街は高梁川沿いにあります。高瀬舟による水運の要所だったそうです。
takahashi02.jpg

武家屋敷街が残されていて、2つの家は見学することが出来ます。角館みたいな感じでしょうか。
これ以外にも街中は萩の鍵曲のような折れ曲がった道があったりして、城下町っぽいです。
takahashi03.jpg

景観に対する住民の意識の高さも感じます。この川沿いの民家、塀は石積みを使っていて、周囲とマッチしていますね。
takahashi04.jpg

紺屋川美観地区という地域もあって、古い商家の街並みです。
ここも新しい家もずいぶんと気をつかって建てられていました。
takahashi05.jpg

あと、おもしろかったのがドライブをしていて高梁付近に来たときの屋根の形。
山陰を旅行したときの屋根の形もおもしろかったのですが、それとも違います。
しゃちほこや鬼瓦があるところに、新幹線のアンテナのような形をしたものがくっついていますね。
takahashi06.jpg

高梁で随分時間をくってしまったのですが、夕方は瀬戸内市を案内してもらって回りました。
牛窓オリーブ園から見た「日本のエーゲ海」です。
setouchi01.jpg

牛窓から見た夕日。
宍道湖の夕日ほど有名ではないと思いますが、きれいですよね。
写真を撮るとまた違う色合いです。
setouchi02.jpg

この日は岡山に泊まって、2日目の朝は岡山。
後楽園を見て、日本の三大庭園を制覇しました。
でも、ちょっと殺風景。しかし、梅のつぼみは色づいていて、もうすぐ。
okayama01.jpg

午後は尾道。
尾道は山が迫って細長い街なので、観光ルートは簡単です。
お寺巡りの遊歩道が整備されていて、そこを歩くのが基本です。
入口には自転車がたくさん止まっていて何だろうと思いましたが、多分この先は階段とかあるので、ここまで自転車を利用する人が多いのではないかと思います。
onomichi01.jpg

ここは有名な道ですね。
ただし、電柱が惜しい。地中化したいところ。
ポスターでは電柱がないものもあったりして、修正しているのかな?
onomichi02.jpg

尾道は海を挟んだ向かい側にそのままの名前の向島がありますが、その間は非常に狭い。川みたいです。
onomichi03.jpg

実際にかなり向島は近く、橋もかかっていますが、渡船も頻繁に行き来していて、一体となった街のようです。
onomichi04.jpg

尾道ラーメン、時間がなくて駅舎に入っている店で食べたけど、どうしてどうして、これがなかなかおいしかった。
onomichi05.jpg

尾道を見た後は、また慌ただしく「しまなみ海道」で四国へ。
このしまなみ海道というのは、尾道から、向島、因島、生口島、大三島、伯方島、大島と連なる島を橋で結んで四国の今治まで行けるルート。バスで今治まで行き、電車に乗り換えて松山に行って泊まりました。

さて翌日最後の日は松山観光。
学生の時に1回来たことがあるので2回目。
道後温泉で朝湯をして、伊佐爾波神社。
しかし、観光旅行って足が疲れるものですね。
matsuyama01.jpg

街の中心部を見てから松山城。
松山城から見た街。晴れていたので、瀬戸内海もよく見えました。
matsuyama02.jpg


とても忙しい旅だったけど、やっぱり旅行をすると生き返る感じがします。
日本の県庁所在地は結構行っていると思いますが、小さな街ももっとたくさん行ってみたいです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 2

konishi

すごい移動量だ・・・
相変わらずアグレッシブね・・・
by konishi (2011-01-11 08:39) 

高谷徹

貧乏性なんですよね。今回も時計を見ながらの旅行でした。
時間がもっとあるとゆっくり出来るんですけど・・・。
特に、一気に抜けたしまなみ海道の島々はもっと見てみたかった。

季節の良い頃に自転車を持っていくのも良さそうですよ。
by 高谷徹 (2011-01-11 21:56) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0