So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

稚内旭川旅行 [旅・出張]

暑い東京を離れて北海道に行ってきました。

まずは稚内へ。
日本が実効支配している領域で最北の宗谷岬。
北海道らしく腹ごしらえしてから海を望むと、(私の旅行には)珍しく晴れていて、サハリンが見えました。
雲の下の水平線にサハリンが広がっていますが、ちょっと写真では見にくいかも。
wakkanaiasahikaw_004.jpg
wakkanaiasahikaw_015.jpg

続いてノシャップ岬へ。
ここは最北端ではありませんが、夕陽の名所で、観光客が多く集まっていました。
これまた写真だと違ったように見えますね。
日没は、沈んだ後も空の色が変わっていってきれいです。
wakkanaiasahikaw_025.jpg

翌日も快晴で、街の後ろにある小山、稚内公園へ。
稚内の全景が見渡せ、最北端だけあって空気も涼しく、快適。

公園内にはサハリンに関連した碑がいくつか残されています。
これは9人の乙女の碑。
日本が支配していた樺太(サハリン)の真岡、8/15以降もソ連軍が当時の国境を越えて進軍してきました。
電話交換手だった9人の女性は、最後まで任務を全うし、この言葉を残して服毒自殺したそうです。
wakkanaiasahikaw_056.jpg

Wikipediaにも説明がありますね。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E5%B2%A1%E9%83%B5%E4%BE%BF%E9%9B%BB%E4%BF%A1%E5%B1%80%E4%BA%8B%E4%BB%B6

また、ロシアのサハリンと言いますが、日本の立場として、南サハリンは帰属未定地と言うことになっています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/hoppo/topic.html


公園内には開基百年記念塔という塔があります。
それほど高い塔でもないですが、高台に立っていることもあり、これも絶景。
1Fと2Fは稚内の歴史について紹介されていて、また、サハリンについても紹介されています。
稚内は稚泊連絡船(ちはくれんらくせん)の出港地として発展しました。
そして、戦後も漁業で栄えたものの、200海里規制以降はそれも衰退してしまいました。
wakkanaiasahikaw_068.jpg

昔はロシア人が多かったとも聞きましたが、今でも標識などは日本語、英語、ロシア語です。
アーケード街という商店街、ご多分に漏れずシャッター街になりかけていますが、表示がロシア語です。
wakkanaiasahikaw_073.jpg

昼食後、特急で旭川へ。
wakkanaiasahikaw_074.jpg
北海道のローカル線、楽しみにしていたのですが、車窓は森ばかりで変化がなく、携帯電話も圏外になったままで、飽きてしまいました。
鹿が多いため、急ブレーキをかけることがある、という放送が何度も流されます。

旭川に着いたのは夕方。
旭川は北海道・東北で、札幌、仙台に次ぐ規模の大都会です。

観光する時間はほとんどなく、翌朝、飛行機の時間の前に旭川市博物館へ。
稚内の開基百年記念塔と重なる説明がありましたが、アイヌの話が丁寧に説明されていました。

普通に習う「日本史」では、縄文時代から、弥生時代、古墳時代、飛鳥時代、奈良時代、平安時代と進みますが、北方では縄文時代以降、稲作が出来なかったこともあり、異なった歴史を歩んでいきます。
弥生時代ではなく縄文時代が続き、続縄文時代に入ります。北方の大陸からの移住者によるオホーツク文化、さらにそれらが混淆して擦文時代になります。これが平安期から鎌倉時代まで。
その後アイヌ文化に進みます。
知られていませんが、九州だけではなく、サハリンでもアイヌが元との争いを13世紀に経験しています。
アイヌ文化というと独自の文化という印象を持っていましたが、文化や経済的にも倭人との交流は密でした。
そうした互恵的な関係が、江戸時代、そして明治時代と一方的なものへの変わってきてしまい、現在に到ります。

最後の飛行機も珍しく晴れていて景色がよく見えました。
旭川は上川盆地にあり、主要な河川が交わる場所となっています。
北海道の異国感というのは、日本の田舎で見られる田んぼがないからだと思っていましたが、旭川は米所。
ビルが建ち並ぶ中心部を田んぼが取り囲んでいることがよくわかります。
wakkanaiasahikaw_081.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

中欧・東欧旅行(ダイジェスト) [旅・出張]

遙か昔に感じますが、夏休みは中欧、東欧の5か国6都市をさーっと巡ってきました。

まず、ロンドン経由でポーランドのクラクフ。
近郊のヴィエリチカ岩塩坑へ。ここは世界遺産になっています。
坑内に教会がいくつもあります。
事故が多い現場、祈ってから仕事を始めたそうです。
middlewesteurope_027.jpg

そして、翌日はアウシュビッツへ。
これはガス室。意外に小さい。
何でもない建物ですが、ここで何人もの命が奪われたことを考えると厳粛な気持ちになります。
近郊のビルケナウも見学しました。
戦後、多くの関係者は「自分は命令に従っただけだ。」と言ったそうです。
middlewesteurope_070.jpg

クラクフの街自体も世界遺産になっています。
大きな広場に面した聖マリア教会、まあ普通の教会でしょう、と思ったら青で埋め尽くされた美しいものでした。
カトリックの国ですが、他の教会の建物も、イタリアのルネッサンス様式のようなものがあったりして、中欧というのは不思議なところです。
middlewesteurope_121.jpg

さらに、皆ピエロギという餃子をばくばく食べていて、中欧というのは不思議なところです。
皮は日本の餃子より少し厚いものの、焼いたもの、煮たもの、揚げたものがあり、中身も豊富。
middlewesteurope_130.jpg

堪能したクラクフの次は、夜行列車でスロバキアのブラチスラバへ。
首都とは言え、とても小さな街で、これといった見所も限られています。
でも、これぞ欧州の街という落ち着いたところで、こざっぱりとして雰囲気の良いところでした。
middlewesteurope_150.jpg

今度はドナウ川を船で遡ってウィーンへ。
middlewesteurope_196.jpg

べたな観光をしてから今度は飛行機で、ルクセンブルクへ。
ここも見所盛りだくさんという訳ではないですが、何より自然の要塞の上に作られた街が面白い。
そして、いろいろな言語が飛び交う不思議な国でした。
middlewesteurope_282.jpg

最後の国はベルギー。
最初はルクセンブルクからほぼベルギーを横断してブルージュへ。
かつて交通の要所として栄えたものの、その後衰退したために古い街並みが残っている観光地です。
街自体、かつては今よりずっと人口が多かったそうです。
そして、丸くと広場に立つ巨大な鐘楼も、かつてはこの上にさらに木造の塔が建っていたそうです。
middlewesteurope_303.jpg

旧市街は水路で囲まれていてボートで観光できます。
ジグザグな正面が特徴的な屋根は、この地域一帯で見られるものだそうです。
middlewesteurope_347.jpg

こうしていろいろな国を続けて移動していくと、国毎に随分物価も異なり、ルクセンブルク、ベルギーはかなり高いです。
しかし、食べざるを得ません。
middlewesteurope_305.jpg
middlewesteurope_306.jpg

最後は鉄道でブリュッセルまで戻り、食事と買い物をして帰ってきました。
ブリュッセルは今週もテロがあったようですが、行った時点でも街には二人組でマシンガンを持った兵士が目立ち、ものものしい雰囲気でした。
middlewesteurope_385.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

平成29年度1学期(17学期目) [放送大学]

いろいろばたばたしていますが、今学期の成績が出ていました。

[放送授業]
日本の古代中世        B
社会学入門         A○

[面接授業]
道徳性心理学と犯罪性心理学    合
浮世絵の歴史  合


日本の古代中世、落としたかと思ったけどもなんとか。
歴史、下手の横好きですね。


入学してから17学期(8年半)。

卒業までに必要な単位124単位に対して、修得済単位128単位。
ようやくようやく単位数は足りた。
あとは卒業論文を完成させるのみ。
nice!(0)  コメント(0) 

社会学入門 [放送大学]

今年は卒業論文を書くことになっていて、社会学の観点から書こうとしているので、泥縄ですが、「社会学入門」を履修。

人文社会科学って、分野の領域がよく理解できていないところがあります。
「社会学」は「社会科学」の一領域と言うことになりますが、今回の科目の中身は、家族、ジェンダー、社会階層、都市、少子高齢化、情報化、グローバル化といったもの。
内容は、文化人類学にとても似ている印象です。

未開、他文化を対象とするのが文化人類学、文明、自文化を対象とするのが社会学という印象を受けましたが、ちょっと乱暴でしょうか。
文化人類学も自国の文化を対象にしたりするので境界はますますわからないわけですが。

定量的な分析手法を使うと経済学との境界が曖昧になりますし、社会思想となると哲学とも関わってきます。
そうなると、そうなると人文学と社会学の違いもよくわからないですね。

試験自体は苦手とする有名な研究者の名前だけ、良く反復練習をしたので、かなりうまく行きました。
これにて、学生としてはようやく夏休みです。
(卒業論文をやらなければならないですけど。)

日本の古代中世 [放送大学]

放送大学ではこれまで「日本の古代」、「日本の中世」という科目を履修していて、それぞれ苦労しました。

でも、面白いんですよね。
昔のことでありつつ、近年の研究によって見方も変わってきています。
子供の頃に学校で習った内容とも違ってきています。

と言うことで、今では一つの科目になってしまった「日本の古代中世」を履修してみました。
まあ、相変わらず難しくて、試験も自信を持って回答できたのは半分くらい。

近年の日本史では、支配者の歴史だけではなく、地方の歴史に注目すること、国際関係の中で理解することが重視されているようです。
今回特に興味を持ったのは中世の地方の支配構造です。

土地には国衙領と荘園に分けられますが、共通して地方の土地を意味する下地と、そこからの取り分を意味する上分があります。

国衙領については、中央の朝廷と国司が上分を管理し、地方の群司と名主が下地を管理します。
荘園については、中央の本家と領家(預所)が上分を管理し、地方の下司と名主を管理します。

しかし、鎌倉幕府は地頭を任命しはじめます。
地頭として起用されたのは群司や下司であり、そうなると朝廷・本家と幕府の二つの支配を受けることになります。

chusei.gif

今風に言うとレポートラインが二重になってしまっています。
これがややこしいので、分割して支配をそれぞれ一元化する下地中分も行われました。

戦国時代となる複数の権力体から税を求められる「二重成し」という言葉もあったようです。
現代の感覚だと、統治というのは排他的に行われるものと考えてしまいますが、中世は多重的なものだったようです。


能登旅行 [旅・出張]

国内旅行もいろいろ行ってきたので、最近の注目は離島や半島です。
この連休は能登半島に行ってきました。

午後から出発して飛行機で能登空港へ。
バス、のと鉄道と乗り継いで、最初は七尾へ。
noto_004.jpg

飛行機から見ると能登半島は山がちではあるものの、あまり高い山は無いようです。
鉄道で走ると、そのゆったりとした山はもちろん、穏やかな七尾湾の海が見え、その間には水田が広がり、黒い瓦の切妻屋根の民家が並びます。
海だけ、山だけ、水田だけ、というのではなく、これらが全部見えて色が美しく、日本の田舎、といった感じです。

七尾は結構大きな街ですね。
ちょうど夏祭りをやっているらしく、縁日の屋台が並んで楽しい雰囲気に溢れていました。
定石のように鮨で夕食、蒸しアワビやノドグロの炙りは美味しい。
そして、サザエなんて食べたのは何年ぶりでしょうか。
noto_013.jpg


二日目はレンタカーを借りて七尾を出発。
コンパクトカーなのに、自動ブレーキ、車線逸脱警告、ハイビーム切り替え。
時代は進んでいます。

能登島水族館でジンベイザメとイルカを見て、昼は外浦まで走ってこれまた鮨。
ちょっと走っただけなのに、内浦の七尾湾の穏やかな海と違って、波が荒い日本海。
海岸線も起伏が激しく山が迫っています。

走っていると、重要伝統的建造物保存地区の看板を発見し、急遽立ち寄り。
黒島地区は北前船の廻船問屋として栄えた天領で、地区全体が重要伝統的建造物保存地区となっています。全く知らなかった。

港町かと思うと真ん前の海岸の地形を見ても良港という感じではありません。
交易の拠点ではなく、廻船問屋という経営と労働力の機能だけがあって発展したそうです。
当時の黒島地区の船乗りは、春になると大阪まで陸路で行き、そこから北を目指して進みながら交易し、今度は南に下って交易して大阪まで戻り、そこで船を下りてまた陸路で黒島地区に戻ったそうです。
わかったようなわからないような。

廻船問屋だった旧角海家住宅を見てきました。
相当に大きな家で、道路沿いに店があり、奥の海側には蔵があります。
黒島地区を見ても、黒瓦の木造家屋が並ぶだけで、蔵があるように見えませんが、これは潮風にやられないように蔵を小屋で囲った鞘蔵だからだそうです。
noto_022.jpg

時間を随分使ってしまったので、總持寺祖院をさっと見てからレンタカーを返しに能登空港へ。

總持寺は大がかりな修復工事中で、これは2007年の能登半島地震で損傷を受けたためとのこと。
能登半島地震、あったことも記憶になりませんでしたが、黒島地区も甚大な被害を受け、そこからの復興過程が重要伝統的建造物保存地区となるきっかけでもあったようです。
台風の影響を受けてから重要伝統的建造物保存地区となった御手洗の話にも通じるものがあります。
noto_030.jpg

能登空港から輪島にバスで出て一泊。
鮨はいいやと思って割烹に行ったら、またもや海産物食べすぎ。
noto_036.jpg
重い体を引きずって、御陣乗太鼓(ごじんじょだいこ)の実演を見てきました。


最後の朝は、これまた定番の朝市を見てから輪島塗会館。
輪島塗は分業体制で、全体プロデューサーに相当するのが塗師。
塗師は各地を売りに回ると同時に文化を吸収してきたのだそうです。
展示されている漆塗りを見ると、そのデザインに文化的蓄積を感じます。

今回は時間も短く、白米千枚田など定番も行けませんでした。
東京からの飛行時間も短く、自然と調和した田舎で、食べ物も美味しく、文化も深い。
また行ってみようと思う場所でした。


大エルミタージュ美術館展 [芸術]

無料のチケットをもらっていたので、会期ギリギリに行ってきました。

http://hermitage2017.jp/

エルミタージュ美術館と言えば、2010年の8月に、記録的猛暑のロシアで、冷房のない中脱水症状になりそうになりながら行った覚えがあります。
それに比べると、冷房も効いてて快適に見られます。

16~18世紀の西洋絵画が中心で、イタリア、オランダ、フランドル、スペイン、フランス、ドイツ・イギリスと地域毎に展示しているので、とてもわかりやすい。
ただ、テッツィアーノ、ルーベンス、クラーナハといった名はあるものの、それ以外は私はよく知らない画家のものでした。
このホールは丸ごとピカソどーん!というような本場のものとは違うような気がしました。

最近、日本美術に傾倒しているので、西洋美術を見ると、画題や表現も体系が全く異なっていて難しいな、と思いました。

道徳性心理学と犯罪心理学 [放送大学]

今年は卒論をメインにしつつも、いくつか面接授業を入れており、これが二つ目。

90年代以降は凶悪犯罪の発生件数は減少傾向にある。
少年犯罪についても、60年代、80年代のほうが多かった。

犯罪は男性が8割と多く、非行少年も女性は2割程度。
男性と女性では犯罪の性質が明らかに異なっている。

DSM-5では、アスペルガー障害という名称は消えた。
様々な誤用、拡大解釈がなされたため。

ピアジェは子供の発達段階によって善悪の判断が変わっていくことを発見。
その後継者は自称するコールバーグは、25歳までに対象を拡大し、前慣習的、慣習的、脱慣習的な道徳性水準に達するとした。
脱慣習的な道徳性水準とは、普遍的な倫理的原則。

コールバーグは1960年代から現在まで道徳性の発達研究の主流であるが、正義を原理とし、文化的に普遍的な倫理を最上位に置く考え方は、白人キリスト教男性を優位に置いているという批判がある。

ギリガンは道徳性の原理は正義だけではなく、思いやりもあると主張。男女で道徳の原理が異なっており、コールバーグの水準によれば、女性の道徳性が低い水準であると言うことになってしまう。

道徳性を発達段階として捉えてテストが行われてきたが、ハーツホンとメイによれば、児童の道徳性知識と実際の嘘に対する行動との双方に、一貫した関係は見いだされず。
知能を測っているだけではないかという疑問が生じる。


道徳性心理学と犯罪心理学という2つがどうして併置されているのかな、と思っていたのですが、どちらも発達というものを扱っているということのように感じました。

普遍的な道徳は存在しないと思いますし、教えて知識として理解させてもその通りに行動する訳ではないとなると、道徳の教育というのは難しそうですね。
また、これだけ男女の違いが否定されがちな現代で、やはり男女(性別かジェンダーかわかりませんが)の違いが厳然としてあるというのも興味深い話でした。



47都道府県庁所在都市 [読書(教養書・実用書)]


デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 東日本編 (The New Fifties)

デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 東日本編 (The New Fifties)

  • 作者: 八幡 和郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)





デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 西日本編 (The New Fifties)

デジタル鳥瞰 47都道府県庁所在都市 西日本編 (The New Fifties)

  • 作者: 八幡 和郎
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2015/08/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



47都道府県庁所在都市を札幌から那覇まで上下巻に渡ってひたすら紹介していくという本。
(ちなみに、著者は蓮舫の国籍問題の追及で有名になった人。)
現在の鳥瞰写真から、旧国から藩、都道府県までの歴史、戦後頃と現在の写真、一人あたり消費財の消費量、県民性と俯瞰しています。

地図は平面図ではなく、高低差を強調したものなので、ちょっとブラタモリ風の楽しみ方が出来ます。
かつての城の位置や城下町の範囲も示されていますが、近世の城でも、かなり防御に気を配って配置されていることに気付かされました。平地にもポコンと高台があることがあり、そうした位置に築城されていたりします。
また、多くの都市が山間や河口の川沿いの平野に位置していますが、川のルートは防御や都市計画のために手を入れられているところがが多いようです。

旧国から都道府県への歴史について見ると、ほとんど変わっていないところもあれば、分割されたり吸収されたり、その際にくくり直されたところも多くあるようです。
富山県、福井県、鳥取県、香川県、徳島県、佐賀県、宮崎県など他の県と一緒にされてしまってから「独立」を果たしたところもあります。

都道府県の名称については、県庁所在地が属していた郡の名前をとったというところが多く見られます。
ややこしいことになっているところも歴史的に理由があり、栃木県には栃木市があるのに宇都宮市が県庁所在地となっているのは、宇都宮県と栃木県が合併して栃木に県庁所在地を置いたものの、県の中央にある宇都宮に県庁所在地を移したため、ということです。
三重県の場合もややこしく、安野津県と度会県に分かれていて、安野津県の県庁所在地は津であったものの、これを四日市に移し、四日市の郡名をとって三重県とし、再び津に戻して、度会県を併合して今に到ります。

私は47都道府県を制覇しているので、ほとんどの場所に行ったことがあり、ああ、あそこはああだったよな、とか思い出しながら読み進められました。
しかし、行っていないところもいくつかありますね。
泊まっていない、観光していない、仕事だけで行った、通過はした、などいろいろありますが、全く街を歩いたことがないのは以下。
意外と近場が盲点ですね。

福島市(駅前で仕事をしたことはある)
前橋市
津市
佐賀市 (空港だけ行ったことがある)


普通救命(自動体外式除細動器業務従事者)講習 [日常]

母が亡くなったのは10年前。

自転車に帰宅途中に倒れているところを発見していただき、発見時は呼吸をしていたものの、救急車が到着した際は心肺停止、その後呼吸は回復したものの、意識は戻ることなく息を引き取りました。

そんなこともあって、いつかはやっておこうかな、と思っていたら、あっという間の10年間。

ようやく消防署で講習を受けて来ました。
kyukyu.jpg

半日ほどの講習で、胸骨圧迫(昔で言う心臓マッサージ)、人工呼吸、AEDの操作、止血法などをやります。

子供のときに人工呼吸は練習をした覚えがありますが、心臓マッサージは難しいからやらない、という話だった記憶があります。
しかし、救命法もどんどん進化していて、現在は胸骨圧迫が最優先、早く始めて中断しない、人工呼吸は自身に抵抗がなければやらなくてもよい、というようになっているようです。
そもそも一般市民がAEDが使えるようになったのも2004年なんですね。

講習であれば東京都であれば、東京防災救急協会から申し込むことが出来ます。
http://www.tokyo-bousai.or.jp/lecture_kousyu/
前の10件 | -